Venta del Molinillo

アクセスカウンタ

zoom RSS 大晦日の食卓

<<   作成日時 : 2011/01/04 01:16   >>

トラックバック 0 / コメント 9

 さて、大晦日の食事は、待ちに待ったお義母さんのお料理です。

お義母さん、毎回メニューを変えて、凝ったものを作ってくれるので
楽しみなんですよね、、、。(量はともかく、、、)

2010年の最後の食事はこんなものをいただきました。

画像 


アペリティーボに出た生ハムはお義父さんのコルティーホ(農場)
のお隣さんの家(工場?)で熟成されたイベリコの生ハム。

なかなかの上出来で、思わず手が伸びてしまいます。

そして、今回の目玉はこちら

画像 


一見何の変哲も無い一口タパスですが
じっくりあめ色に炒めた玉ねぎ(塩コショウとあと
秘密のエキスが加えられていますが)
の上にフレッシュチーズをのせ、オーブンで
軽く焼いたもの。

赤い方はクリームチーズの上にパプリカのコンフィと
カリカリベーコンを乗せたもので、どちらも絶品。

お店で買うオードブルと違って手作りのおいしさがあって
思わずパクパクと食べてしまいました。

相変わらずアペリティーボでほぼおなか一杯になってしまった
一同。

一皿目のスープを飛ばして、2皿目へ突入です。

画像 


フィレ肉とフォアグラのパテ、玉ねぎのコンフィのパイ包み。

おいしくってぺろりと食べてしまいました。
お義父さんは食べなれないものが出てきたので「何だこりゃ、、、?」と言って食べてましたが(笑)

画像 


デザートはこれまた手作りTurron(スペインのクリスマス菓子)の
プリン。上に刺さっているキャラメルとアーモンドの板も
手作りです。

さすが、お義母さん。凝ってます。(でも、私は一口味見だけして
フルーツだけいただきました。カロリーが恐ろしいので、、、。
一応お砂糖はかなり控えめに作ってありましたが)

なんだか、毎年お義母さんのお料理の腕がさらにパワーアップ
しているのは気のせいでしょうか、、、。

6日の朝のRoscon de Reyesがとっても楽しみです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
お義母様・・・素人とは思えないくらい
洗練されたお料理作ってますね・・。
カナペすごく美味しそうです。
私の今年の目標はアペリティボでお腹が一杯
にならない食べ方を習得する。です。
いや、いつもprimeroの時点でお腹一杯で
segundoなんて、罰ゲーム状態ですから。
まりまんどな
2011/01/04 07:06
書き忘れましたが・・、
こんな洗練された食事を作る方
の息子さんなら・・、
海老のせわた取って天麩羅そば
作るかも〜と思いました。
うちの旦那はせわたの事を
海老のcacaと呼ぶのですが・・
止めて欲しいです。
まりまんどな
2011/01/04 07:09
まりまんどなさん

うちのお義母さん、今回もどこからレセタを仕入れて来たのか、このカナペには凄く驚きました。
アペリティボ、なんであんなに食べてしまうんでしょうね、私もセグンドはいつもおなか一杯過ぎて楽しめない事がほとんどです。

ところで、うちの彼も背わたの事「えびのインテスティノ」って呼んでましたよ(笑)同じようなものですね(笑)
彼もどこからレシピを引っ張って来ては驚くほどおいしいものを作ってしまうのですが、ある意味マニュアル男なんでしょうね。 残り物でささっとお料理とかは出来ないタイプのようです。
maerilla
2011/01/04 07:57
お義母様お料理のセンス抜群ですね!伝統的な料理にもひとひねり加えて、すごい気になるメニューです。一口タパス、、、秘密のエキスって何だろう〜、うー気になるぅ。
デザートのTurronのプリンも面白い。普通のTurronはこうも食感が苦手なのですが、これならいけるかも。
あれですか、お義母さんは料理講座にでも参加されてます?それともネットや本でレシピを探されるのでしょうか?
penedes cat
2011/01/05 03:02
penedes catさん

 このカナペのレシピはまた近いうちに乗せようと思いますので、その時に書きますね。 簡単なのに凄くおいしいのでぜひ皆さんにも知っていただきたいです。

Turronのプリンは私も驚きました。 Turronじたいカロリーが怖くて食べられないんですが、味見だけしましたが、これは比較的スアベで食べやすかったです。
お義母さんはたまに村のお料理教室に行ったり、レシピ本見て作ったりしているみたいです。 パプリカのコンフィのレシピが同じ敷地内に住む叔母さん(妹)なので、彼女らの間でもレシピ交換したりしているみたいですよ。
maerilla
2011/01/05 19:22
あけましておめでとうございます!
Noche buenaもNoche viejaの食事も、どちらもレストランでのものみたい!
毎年ながら、私もちょっと味見だけでも〜、と思ってしまいます(笑)
そういえば、、、Nocha buenaの定番、こちらでは肉団子スープが必ず出てくるんですが、グラナダは違います?同じ日でも料理に地域性があって面白いですね!
hanamaki
2011/01/07 07:29
hanamakiさん

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

お義母さんはお料理上手でバリエーションも豊富なので、これだけはちまたで良く聞く「苦しみマス」にならずにありがたいです。
クリスマスイブにはそちらでは肉団子スープなのですか? 初めて聞きました。興味深いですね。
うちはスープが付いたり付かなかったりで、サクロモンテのおばさんの家でイブの夕食会になると必ずといって良いほど魚介のスープが出てきます。 おもしろいですね。

maerilla
2011/01/08 08:31
毎年、「これが定番よー」、と当たり前のように言われていたので、全国的なものかと思ってました(ハズカシ〜)
ちょっと大き目のalbondiga(pelotaと言ってたような)が入ったカルドです
ちなみに、「今年はサルサにしたの」、と言われ、出されたものには、pelotaとともに、コネホとジャガイモも入った具沢山スープでした(これはCartagenaのtipicoだと言っていたと思います)
hanamaki
2011/01/10 06:47
hanamakiさん

クリスマスの行事の間にカネロネ食べる所もありますよね(カタルーニャ?)。
色んな所の習慣を知る事が出来て、ブログやっていて良かったなと思います。
アルボンディガは大好きなので、毎年の事とはいえ、羨ましいです。 
もうすぐサン アントンですね。 グラナダでは特別なプチェロを食べるので、機会があったらまた記事を載せようと思います。
maerilla
2011/01/12 00:22
大晦日の食卓 Venta del Molinillo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる