Venta del Molinillo

アクセスカウンタ

zoom RSS 王様がやってきた!

<<   作成日時 : 2008/10/22 22:11   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 私の職場はセビージャに住んでいる人なら写真を見て
すぐに気づく、某有名教会の目の前に位置しています。

この教会、別にキリスト教徒でもない私の目から見ても
素敵な色使いとかわった建物でセビージャでも
お気に入りの教会の一つです。

画像



ずっと改装修復工事中で、ネットで覆われており
この間やっと教会の修復工事が終わったと思ったら
今度は教会前の広場の改装工事で朝7時からの騒音に
住んでいるお年寄り達も含め悩まされてきたけど
それもやっと終わり、今日は改装修復工事が終わった
記念にと、スペイン国王 Juan Carlos I の訪問がありました。

王様のひいひいおばあちゃんだかのお墓がこの教会に
あるんだそうで、王室とゆかりのある教会だからだそうです。


日本で天皇陛下も近くで見たこと無いのに、いきなりスペインで
スペイン国王を見れるなんて、こんな機会めったに無いだろうから
午前中の仕事が終わっても残って見てきました。
意外とミーハーだったんですね。

昔、日本でアメリカ大使館の近くの寮に住んでいた時、クリントン大統領来日
があって、その時はもう何日も前から警察の不審物捜索からはじまり
来日中は検問や職務質問はあるわ、寮の近くでも警官は50メートルおきに
立っているわで警備が凄いのね〜と感心してしまったけど
今回は日本ほど凄い警備体制ではなかったよう。


画像


画像

スペイン国王が来る直前まで普通の車が走っていたし、検問も
ないし、普通の人はすいすい行き来していました。

ところで、12時到着予定のはずが、結局30分遅れでご到着
されました。

直前に普通車の流れが途切れて、前後二台の護衛の車に
付き添われご到着

せっかくだからと同僚と、お年寄り達と一緒に施設のバルコニーから

王様ー!!なんて一緒に叫んで手を振ってみたりして(笑)

画像


雨が降っていたので、出迎えたアンダルシア州知事の
マヌエル チャベスと挨拶を交わしたあと、聴衆に手を振ってさっと
中に入っていかれました。



画像


国王の到着と同時に「スペイン万歳! 王様万歳!」と口々に叫ぶ人が
たくさんいて、とても皆に親しまれているんだな〜と感じました。

共和制時代の旗を持ったグループとの
一騒動があったりもしましたけど。



 結局、半そでの仕事着でバルコニーに出て寒くなってしまったので
教会から出てくるまでは待たずに帰ってきたのですが、良い経験に
なりました。 お年寄り達も嬉しそうでした。

今度はもうちょっと近くで見られるといいな〜。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
イギリスにいた時にすーっと横を
エリザベス女王が乗った車が通り過ぎていって、
あまりの距離感にびっくりしたことがありました。
スペイン王室は勝手に厳格なイメージを持っていましたが、
日本の皇室に比べると庶民に近い所まで出てきて
皆が王様に声をかけていて
なんだかもっと親近感が湧きますね。
ドイツは王様はいないのですが
ローマ法王が訪問の時は大警備だったようです。
地元住民が日常生活が麻痺してしまい怒っていました(^_^;)
ゆむるた
2008/10/23 23:10
ゆむるたさん
エリザベス女王は凄いですね!
スペイン王室はなんだかアットホームな雰囲気です。災害や大きな事故、テロや戦争でスペイン国民が亡くなったりすると真っ先に家族の所に飛んでいって慰問したりしてとても好感が持てます。 
ローマ法王だと凄い警備でしょうね。
国内の偉い人より国賓の警備が厳しくなるのはお付き合いしている国と国との関係があるから仕方が無いかもしれないですね。
maerilla
2008/10/24 06:19
王様がやってきた! Venta del Molinillo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる