Venta del Molinillo

アクセスカウンタ

zoom RSS スペインの老人施設での話し(続き)

<<   作成日時 : 2007/10/23 03:41   >>

トラックバック 0 / コメント 3

前記事「スペインの老人施設での話し」の続きです。










 Jさん94歳まだ寝てました(笑)









 一瞬「低血糖でも起こしてベットにいるんじゃないか。」

なんてことも考えたのですが。









「Jさん!!」






とちょっぴり上掛けをめくってみると、なんと!











パジャマまでしっかり着てる〜(涙)。」












 寝ぼけ眼で「なんだい、うるさいねぇ、、、。」と目を覚ましたJさん
難聴だけどうるさく感じるときもあるらしい、、、。











「さっきやっとベットに入ったばかりなんだから寝かせておくれよ、、、。






「Jさん!今は寝る時間じゃなくって朝ですよ〜!起きる時間です!。」
と嫌がられながらも起こす私。










どうやら、夜中の間中起きていて(か、早朝に目が覚めてごそごそ
やっていて)さっき洋服でいてタンスをごそごそしてたのは
パジャマに着替える為だったらしい、、、。(汗)











Jさん。超マイペースで、もし、朝8時半に起きても、シャワーの前に色々
準備して、シャワー浴びて、着替えて、色々クリーム塗って、お化粧して
お部屋の中をきちんとして、結局朝食に降りてくるのは早くて10時。


これじゃぁ、朝食とる頃には12時になっちゃうわ、、、。はぁぁ、、、(ため息)





と、言う事で、今日はいつもはお手伝いしないのですが(ゆっくりでも全部
自分で出来るので)今日だけ特別「背中だけお手伝いする。」ことを
条件に起こしてシャワーだけなるべく速くすませる作戦に。






こうしているうちに他のスタッフが通りかかり



「あぁ、、、Jさん。いつもこうなんだよね。彼女の寝坊は処置なしだからね。
いつもの事だから気にしないで降りれるときに降りてもらって、、、。」



と私に同情の目を向けてくれました。





「背中洗うのお手伝いしますよ。」の言葉に気をよくしたJさん
のんびりながらもシャワーに行って、シャワーが終わって私が
「もう行きますね。他にも色々しなくちゃいけないので、お着替えして
お一人でカフェテリアに行けますね。」と言うと




「行くのかい? じゃあ1個くらいBeso(頬へのキス。スペインの
挨拶です)をおくれよ。」といってBesoしてくれました。







それにしても、94歳までこのコンディションでいられるのは
彼女のこのマイペースさとストレスフリーな生活が関係あるのかも
しれないな、と思った一日でした。
私は長生き出来そうにないです(笑)








ところで、Jさん。その後12時半頃に廊下にあちこち設置されている
椅子の一つで、かわいらしい顔で日向ぼっこ兼お昼ねしてましたよ。





やれやれ、ですね(笑)


 にほんブログ村 海外生活ブログへ












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
日本でストレスフリーなんてありえないですね〜(汗)

日本社会はストレスがかかるように構成されているような気がします。

ラテン系の土地に生まれたかった〜(涙)
日本で働いてお金ためたらもうスペインで移住したいな〜

それはそれで大変かもしれないけど。。。。
カロリーナ
2007/10/23 16:37
いつまでも女性であることを忘れないおばあちゃんなのですね。性格ゆえに、きっともっと長生きしそうですね。

ひとみん
URL
2007/10/23 18:34
カロリーナさん

そうそう。コレでストレスがなくなれば日本人もっと長生きするのかもしれないですね。

でも、スペインでもストレスありますよ。各自どのように生きるかにかかってくるんじゃないでしょうかね。


ひとみんさん

そうなんですよ。94歳なのにもうあちこちに分けていろんな高級化粧品使ってるんです。 お肌はもちもちつるつるですよ。(皺はともかく) このほかに97歳なんだけどどう見ても70代にしか見えないお年よりもいます。杖無しでしゃきしゃき歩いてますよ。すごい世界です(笑)
maerilla
2007/10/24 06:49
スペインの老人施設での話し(続き) Venta del Molinillo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる