Venta del Molinillo

アクセスカウンタ

zoom RSS ロモ デ オルサを仕込む

<<   作成日時 : 2011/02/23 06:46   >>

トラックバック 0 / コメント 10

 またまたしばらくご無沙汰していました。

人のブログばっかり読んでコメントするのに熱中してしまい
自分のは、しばらく放ったらかしにしていました。
面白いブログがあるのですよ、これがまた。

グラナダもまだまだ朝、夜は冷え込みが厳しいですが
それでも、ちょっとづつ暖かくなってきているような
今日この頃です。
アーモンドの花も、もうあちこちで咲いていますよ。

画像 




画像 



アーモンドの花は咲いていても、まだまだ
寒いうちにやってしまわねばならない事。
チョリソー作りに並んで、毎年恒例となっている
「Lomo de Orza」(ロモ デ オルサ)作りを
ここ最近の寒い日を狙って、やってみました。

急に彼の友達なんかが遊びに来て
一緒に夕飯!となった時などに、おつまみとして
出すのに最適なんですよね、コレ。


画像 


具体的な材料と作り方はコチラ→Lomo de Orza

今回は約5〜6日間漬けて置きました。

フライパンにぎっしり敷き詰めて、実家から持ってきた
エクストラ バージン オリーブオイルをかぶるほど
たっぷり注ぎ、弱火で(←ここ重要)じーーーーっくり
火を通します。(2時間近く、じくじくと煮込んでました)

画像 



火が通ったら、冷まして煮込んだ油ごと保存します。

こうする事によって、空気が完全に遮断されるので
腐りにくく、長持ちします。
モルシージャや、チョリソーなんかもオリーブオイルに
どっぷりつかって倉庫に保存されているのを実家で
見かけます。
冷蔵庫の無かった時代の人の知恵ですね。
(我が家はさらに冷蔵庫に入れて保存してますが)

盛り付ける時は、オリーブオイルを落として
薄切りにし、冷めたままでも、暖めて出してもOK
(私は冷めたままの方が好きです)

画像 


今回作ったのは、結構多めに塩をぱっぱと振るったにも
かかわらず、塩気が丁度良くて、彼も大絶賛。


ビールのおつまみにも、ワインのおつまみにも合うので
ぜひ、お試しください♪

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 す・・すごい、この長い行程全部maerillaさん
がされたんですか??  maerillaさん料理本
出すべきですよ、アンダルシアの大地の食べ物とか
なんとか・・そういう題名をつけてこの行程という
か・・マタンサ辺りから写真付きで!!
義理のお義父様の農場と、あとはお料理上手のお義母
様もいるし・・これ作れるってすごいスペインの
お袋の味に精通していますよね。料理研究家っていう
肩書きって資格とかいるんですかね??
アンダルシア料理研究家と私が任命します!
ぱっと見、チャーシューっぽく見えますが味は
違うんですか?? 焼いている時の画像を見ると
パプリカのせいでトマト煮込み風ですが、味が
すごく気になります。
こ・・これはおつまみには絶対もってこいなはずです。
まりまんどな
2011/02/23 20:36
私もチャーチューを連想してしまいました。。。お味のほうはいかに??
おいしそうなので、薄切りなんて私には無理です。
多分塊のままがっつりいきます。

ところで温度や場所にもよるんでしょうが、長く保存できるというのはどれくらいの期間ですか?
ま、うちにあったらすぐなくなってしまうから、保存も何もないんですけど(恥)。。。
penedes cat
2011/02/24 20:05
こんにちは!
今回もまたおいしそう
さっそくまねさせていただきたいと思います!(ッて、カルタヘナはもうすっかり春の陽気なんですが。。。冷蔵庫にがんばってもらいます 笑)

そこで少し質問なんですが、乾燥パプリカってニョラ(あー、私もパソコンではエニェがでない〜)でしょうか?
たまーに八百屋さんに大きい乾燥パプリカが下がっていることがあるから、きっとそっちのことだと思うんですが、スーパーには売ってたかなぁ…?
これとニョラって、やっぱり別物なんですよねぇ(基本的でスミマセン)
あと、これをもし日本で作るとすると乾燥パプリカはたぶん入手不可能
とすると、ピメントン(甘いほう)でも代用はきくのかなぁ、と(私の中でこのパプリカ関係の使いわけがイマイチすっきりしてないんです)
すみません、あともう一つ
ニンニクは皮はむかず、でいいですか?

なんだか長々すみません
お時間あるときにでもよろしくお願いします!
hanamaki
2011/02/24 21:07
まりまんどなさん

ハハハ!褒めてくださってありがとうございます。
でも、このレシピ、一見難しそうだけど
凄く簡単なんです。
パプリカを煮て、ニンニクは乾煎りして
皮剥いてあとは他の材料と一緒に
ミキサーにかけて肉に塗りつけて
つけるだけなんですから。

味は、パプリカの風味とハーブが利いていて
ちょっとチャーシューみたいですが
洋風チャーシューという感じでしょうか。

あれ?でも、まりまんどなさん、豚肉苦手でしたっけ?
まだやったこと無いですが、鶏ハム風にじゃないですけれど、ぺチュガやあと、牛肉でやってみてもおいしいかもしれないです。 本当に簡単なので、お勧めです。
maerilla
2011/02/25 00:01
penedes catさん

お味はパプリカとハーブ風味の洋風チャーシュー
という感じです。実際単純なレシピなので
ぜひ試して、塊でがっつり行ってみて下さい♪

ちなみに、うちもあっという間に無くなっちゃうので
オイルにがっちり浸かった状態では
1ヶ月ぐらいまでしか覚えていないのですが、ネットで調べてみたら、名前の通りOrza(壷)にオリーブオイルに完全に使った状態で冷暗所に保存したら、4〜6ヶ月は持つそうです。
だから、別にオイルにどっぷり浸かった状態でアルマセンにでも置いておけば、冷蔵庫に入れなくても
しばらくは大丈夫みたいです。
びっくりですね。
maerilla
2011/02/25 00:07
hanamakiさん

上のコメントにも書いたのですが
ロモを揚げ煮したオリーブオイルに
お肉が完全にどっぷり浸かっている状態だと
冷蔵庫に入れなくても冷暗所であれば
随分持つそうなので、ぜひやってみてください。

私の写真だと、フライパンが浅いので
イマイチオリーブオイルが少ないですが
もし持っていらっしゃったら、中華なべで
もっとがっちりオイルを使っていただけると
確実かと思います。

ちなみに、ニョラとこの乾燥パプリカは
ちょっと違う種類ですよね。
うちの乾燥パプリカはいわゆるイタリアンピーマン
を赤くなるまでまって乾燥させたものなのですが
ニョラはトマトみたいな形していますよね。
でも、ニョラで試してみても面白いのかもしれないですね。
乾燥パプリカを使うと、全部ミキサーにかけた後
ペースト状になるので、お肉に塗りたくるのには
ピメントンだけより、扱いやすいのかも
しれません。

あと、ニンニクは皮ごと乾煎りしたあと
皮を剥いてお使いください♪

maerilla
2011/02/25 00:21
なるほど
確かにペーストとして使うには粉じゃないほうがいいですよね
うわ〜、すっきり!
豚肉の安いときを狙って試してみます
hanamaki
2011/02/25 06:48
ほんと、美味しそう〜♪
一口齧った時の感触と言うか、そう言うのが伝わってくる〜。
いいなー。
シナモン
2011/02/26 20:24
作ってみましたー!
これ、おいしいですね〜 リピート確実です
そのままでももちろん、薄くスライスして、トーストしたパンにマヨネーズ、レタスとトマトでサンドイッチにしても美味しかったー!
実はラーメンにもチャーシュー代わりに入れちゃいましたが、これまた美味しかったです

ところでこの料理って、やっぱりグラナダのものなんでしょうか
お友達に名前を言ってみてもイマイチピンと来てもらえず…
ただ、ロモを漬けた料理というと、こちらにももちろんあって、でもそれは加熱しないそう
今度ちゃんとレシピを聞いてみようと思っています

ほんとに地域で違っておもしろいですね
hanamaki
2011/03/25 09:21
hanamakiさん

作ってくださったんですか!ありがとうございます!
うちもこれ、ピタに野菜と一緒に挟んでピタサンドにして食べたんですが、たしかにサンドイッチにも合いますよね!
洋風チャーシューという感じなので、ラーメンに入れてもOKだと思います。

このお料理は、ハエンとかあの辺りが本場らしいです。たしかにオリーブオイルがっちりつかったお料理なので納得できます。ただ、この辺でも作られるようで、Venta del Molinilloがまだやっていた時は、作っていたみたいですよ。

そちらのロモをつけたお料理も興味あります。
今度聞いたらぜひ教えてくださいね。 
maerilla
2011/03/25 16:53
ロモ デ オルサを仕込む Venta del Molinillo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる