Venta del Molinillo

アクセスカウンタ

zoom RSS Olla de San Antonと仕事の愚痴

<<   作成日時 : 2011/01/17 05:04   >>

トラックバック 0 / コメント 11

 1月17日がSan Antonと言って全ての動物達の
守護聖人の日なので、グラナダは今週末
「Olla de San Anton」が出回っています。

Barやレストランとかで食べると15ユーロとかするんですよね、、、。

先週何気なく、今週末彼の実家でお昼を食べる事を
ほのめかしたらお義母さんが「Olla de San Anton」を
作るわよー。とはりきっていたので、嬉々として
参加させてもらいました。


とか言って、今日は仕事の最後にハプニングがあって
とっても暗ーい気分での昼食になってしまったのですが
その話は下のほうに、、、


画像


Olla de San Antonはどうやらグラナダ地方で食べられる
この時期のお料理のようで(他の地方の人は知らない人が
ほとんどですが、読んでいる方で「こっちの地方でも食べるよー」
と仰る方がおられたら、どうぞ教えてください。)
コシード(プチェロ)のような感じですが、煮込む肉類に
塩漬けばら肉、塩漬けスペアリブ、豚の耳、皮、シッポ、トンソク
等などが入ります。
豆類はガルバンソのほかに、お米や、グラナダ料理には
切っても切れないソラマメ(乾燥ソラマメ)が入るのが
特徴です。(ウイキョウなどのハーブも入ってちょっと風変わりな
コシードです)

スープは白濁、もちろんこんな材料なので、カロリー満点で
コレを食べたらその日の夕飯はいらないでしょう。

画像


煮込んだ肉類は別にしておいて、後でいただきます。

せっかくおいしいOllaをお義母さんが作ってくれたのに
気分はどん底だったので、おいしかったけれど
あまり食べられず、楽しめませんでした。


その原因ですが、、、、、、


ここからは仕事の愚痴になるので、嫌いな方は読み飛ばして
ください。















 今の職場にはモンスターペイシェントならぬ、患者さんの
モンスター家族が2組いるのですが
その中の一人と大喧嘩をしてしまいました。

そのおばさん、グラナダの公立病院で掃除婦をしていて
「掃除のおばさんとはいえ公立病院で働いている」という
プライドがあるのか、うちのドクターにも治療方針のことや
薬の事で噛み付くぐらい強烈な性格の持ち主で
スタッフ一同要注意人物として気をつけていました。
知らないスタッフもいるだろうけれど、、、

 入院しているのはそのオバサンのお兄さんなのですが
凄く礼儀正しい患者さんで、私たちも礼儀正しく接していました。

そして、いつもそのおばさんが文句を言うのは食事時
口癖は「クリニックの食事はもっとちゃんとしてる」
噛みやすい食事という分類でその患者さんには食事が
出されているのですが、今日も文句たらたら
(出てきたのはパエージャとかです)
こんなんじゃ、全然食べられない!!!!とか独り言で
ぶつぶつ怒っていて、私は「またいつものが始まった、、、。」と
放って置きました(噛みやすい食事の下はペースト食になってしまうので
それもイヤだと文句を言い、限りが無いので)

その患者さんの食事が終わって、私が隣の患者さんの食事
介助をしている所をジーッとにらむように私を見つめていました。

最初は無視していたのですが、3分も5分もじーっと見られて
いたので、何か言いたいことでもあるのかと思い

「何か御用ですか?」 と聞きました。

そうすると、オバサンの噛み付き口撃開始。

おばさん「何か用事がないと見ちゃダメなのか!」

私「いえ、、、じっと長い間見られているので、何か用事でも
言いたいことでもあるのかと思いまして、、、。」

おばさん「用事がないと見ることも許されないのか!!まったく!!」
ぶつぶつ同じようなフレーズを繰り返し室内をぐるぐるとまわり舌打ちを繰り返す。

私「でも、用事が無いのに、じっと見られては何か私に
不都合があるのかと思うし、不快ですから伺っただけです。」

おばさん「何で用事が無かったらあんたを見ちゃいけないの?
何で? 何で? 何で?」 私の上記の反論に耳を貸さず
Porque? を繰り返す


私、「不快なので」と繰り返すがPorque?を繰り返すおばさんに
ここで、ちょっと切れる。

私「 私はこの外見ですし、外でも中でもじっと見られることが
多いんです。なので、いつもじろじろ見られると聞くだけなのですが。
不快なんですよ。」

おばさん「なんで? あんたの外見が何か?何で?どうして皆あんたを
見るの?」繰り返す

私「きっと私がアジア人だからだと思っていますが。」

おばさん「アジア人だからってあんたを見るの? あんた初めて
スペインに来たアジア人だって言うのかよ? 唯一のアジア人
なのか?」

私「そうじゃないですが、他に理由があってもそうやって
ジロジロと見られると不快なんです。」

おばさん「あんたが唯一のアジア人じゃないだろう、そうやって
皆でやってきてここを乗っ取る(侵略する)つもりなんだろう。」

私ここでブチキレ


私「侵略って、そんなつもりありませんし、そんな必要があるほど
私の国は貧乏ではありませんから。 そういう考え方で
アジア人をじろじろ見られる方たちは、田舎の村の方や教養のない
人が多いですね。」


おばさん「ハッ!私は田舎ものではないよ、グラナダ(?マドリッド)
の首都に暮らして(から来た?)いるんだから。あんたの
国の方が田舎だよ。」

私「スペインの首都なんて、日本の首都東京から見たら
比べ物にならない程ド田舎ですよ。だから、じろじろ見ても
恥ずかしくないんですね。あなたが田舎の無教養な方だから。」

おばさん「ハッ!(笑) 東京、 日本? (あざ笑)」

私「あなたはスペインから一歩も出たこと無いでしょう?海外旅行も
したこと無いでしょう。東京も日本もどこの国の事か知らないでしょう?
 かわいそうですね。一生外の広い世界を見ないでそういう
狭い考えの中で生きていくんでしょう。」

おばさん「私はスペインが一番だからここから一生出るつもりは
ないよ。」

 おばさん、私一時黙る。


 結局、まだ何か言っていて、言い負かす事が出来なかった
悔しさで、同僚に泣きついてしまいました。
同僚達はこれはスーパーバイザーに報告するべきだと
ここの医療従事者に大してRespetoを欠いた事項として
促され、上司に報告し、上司はそのおばさんと話しに
言ったのですが、まだなんかぶつぶつ言っていて
挙句に

「そんなに見られたくないんなら、別のところで働けば
良いのに、、、。」


だそうです。



はぁ〜???? ですよね 
上司も話したけれど、あの人は理解できない人だから
かかわるだけ損と言っていました。



私も切れておばさんに田舎者と言ったのはいけなかったので
その点では次回に会った時一応あやまるつもりです。

でも、「正直に田舎者なんて言って、ゴメンナサイ♪」
なんて言ってしまいそうだけど(我慢しますが)



それにしても、「見た見ない」でなんであそこでいきなり攻撃が
始まったのか、わけわかりません。

他にも最初の頃、じろじろ見る患者さんや家族の方はいますが
何か用ですか?というと、恥ずかしそうに「イエ、、、。」と顔をそらす方や
「あんた中国人?」とか「あんたどこの人?」と興味深々で
聞いてくる人ばかりで、いきなり怒り出すおばさんなんて
この人が初めてなんですけど、、、。

最後に、頭が冷えたところでちょっと分析してみましたが

1、クリニック(公立病院)で掃除のおばさんと
して働いているから、普段患者さんやその家族に虐げられ
看護師や医師の下で悶々とした思いを抱えて仕事を
している=今度は自分が上(っていうか、職業や
患者、家族、医療者の間に上も下もないんですが)に
なったので、私やこの病院スタッフに大してそういう
尊大な態度をとるのではないか。

2、更年期  → っていうか、そういうので怒りっぽいのも
終わってそうな年齢、、、。

3、なにかの欲求不満でイライラ→独身っぽいし、そういう可能性も、、、。
でも、見た目50代後半なんですよね、、、。

4、 何か精神的に不安定な病がある → 否定できない(笑)

5、 人種差別主義者 → 移民を疎ましく思っていそうなかなり右側
の考え方の人っぽいけれど、人種差別主義者までは行かなさそう。



さあ! どれでしょう???

 

おばさんの挑発に乗って同じ土俵に乗ってしまった私も
まだまだ未熟だと思いました。
彼にも、そんな非文化人の挑発に乗るんじゃないとたしなめられました、、、。


前にも書きましたが患者さん(お兄さん)はとても良い人なので
今までどおり節度を持って接したいと思います。
っていうか、あんたの妹なんだから少したしなめろよって感じ。(笑)



スペインの病院は医療スタッフに対して暴力行為や
脅しや、いわれの無い精神的攻撃があると聞きますが
病院の質だけでなく、患者さんや家族の質も
日本のそれに比べたら低くて、こういったトラブルが本当に
多いなと思います。 できるだけトラブルに巻き込まれないように
日々精進して行こうと思いました。
日本でもモンスターペイシェントや家族がたまにいたりして
そういう人たちとも根気良く接していく事で、最終的には
信頼関係を築けたりしてそれがプロフェッショナルとしての
達成感にもつながっていたので
このおばさんとも、最後は有効な信頼関係を築けると
良いなと思っていますが、果たしてどうなる事やら、、、。
っていうか、そうなる前に医者に病院から追い出されそうだけど、、、。(汗)




 読んでくださってありがとうございました!
 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
うわ〜、お疲れ様でしたね、本当に…
でもこれだけむちゃくちゃなことをされても、それを分析されて、ご自分の反省すべきところを考えるなんて。。。
すばらしいと思いました
どう考えても不条理な人、と言うのは世の中にいて、どう道理に沿って接しても、真逆から攻撃してくる人というのは、もはやどうしようもないこと、天災の一種のようなものかな、と思ったりします
なので、もしかして次回お会いになったときに今回のことを話されて、おっしゃった言葉についてお詫びされたとき、また不愉快な思いをされないか、と、ちょっと心配になりました
ひどい言葉で体に傷は出来ませんが、心の中にドロドロとした膿を残すことがあります
どうかあまりお気に病みませんように

話は変わりますが、SanAntonのコシード、こちらでは見たことがないかも、です
今度まわりに聞いてみたいと思います
あれ?でもSanAntonの日って、Pulpo食べませんでしたっけ?ここだけ?
それと、Rollitoというクッキーがあるんですが、これもここだけなのかなー
少しアニス風味のしたクッキー生地を、細長くして、くるっと丸くまいた小さいクッキーです(説明が下手ですみません。小さくて丸いRosquillaみたいな感じです)
hanamaki
2011/01/17 06:47
hanamakiさん

ありがとうございます。
本当の事とはいえ(爆) 田舎者というのはインスルトに値するので、「一応」誤るつもりです。 不快な言葉を投げつけたのは私も悪かったとか何とか言って、、、。この家族はおばさんだけじゃなくて病室に8人も10人もたむろって患者さんを囲っていて、隣の患者さんも私たちもちょっと迷惑しているのですよ。
なので、またなんか言われたら、メモにとって即担当医師と上司に報告するつもりなので、そうなったらきっと近いうちに強制退院になるかも。患者さんは良い人ですが、リハビリもやる気なさそうで、ベットに寝てばかりいて、家族も甘やかし放題なので、あまり入院している意味が無いんじゃないかと、、、。それだったら自宅からリハビリに通ってもらった方が良いですし。

なので次回は不快な言葉ウェルカムです。うちのドクター素行不良な患者さんや家族をバシバシ追い出す事で有名なんですよ(笑)

San Antonにタコって面白いですね!初めて聞きました。どうやってお料理して食べるのかとても興味あります。 クッキーも面白いですね。 スペインでも所変わると食習慣が変わって本当に面白いなと思います。
maerilla
2011/01/17 08:08
 お疲れ様でした〜。。。
すごぉぉぉ〜く、気持ち分かりますよ。
私も同じように仕事中、不特定多数の人を
相手にせざるをえないので・・、もう口論も何度
もありましたし、納得いかない思いも何度もしま
した。

まず、Molinilloさんはご自分のDignidadを守られ
た所がすごく偉いと思います。結構少ないんです
よ。だって、自分のdignidadを傷つけても面倒な
事には巻き込まれたくないってそういう人たくさん
いますもん。

確かにパワー使いますけどね・・。こちとら
外国で本国の人に負けずに働いているっていう
自負もあるし、私も絶対自分のdignidadは守り
ます。言い過ぎたかも・・って思っていらっしゃ
るみたいですが、しょうがないですよ・・。
そこまで感情が昂ぶるのはそれだけこっちも
一生懸命努力して来たわけですから・・。

あとは、周りの同僚の方がフォローしてくれたの
で、それはすごくすごくラッキーですね。
私も大抵の場合は上司が私の側の言い分もきちん
と聞いてくれて、何があっても君のフォローを
するって言ってくれるのですが、一度、交代で
来たあまりソリが合わなかった上の人が全く
私の意見も聞かずに、とにかく相手に謝って来い
の一点張りで、あの時は相手の不条理な要求より
も、その上司が私を信用しなかった事の方が
深く傷つきました。

まりまんどな
2011/01/17 08:59
 長くなったので、すみません2度にわけます・・。
でも、やっぱり反省してしまう気持ちもわかり
ますよ。

私もやっぱり、自分が100%正しい反応の仕方を
した。とは思った事ないですね・・。
相手がどれだけ悪い状況でも、やっぱりこうした
らもうちょっと、自分の気持ちを不快にせずに
すませられたかな??とか考えちゃいます。

多分、そうやって仕事のスキルを上げていく
のかな・・と思うようにしています。
私は元々かなり不器用な方なので、ぶつからない
と前に進めないんで・・。

結局、いつも思うのは相手を不快に思わせない
とかって事はどうでも良いんです。そういう人
はどんな状況であれ、不快に思うわけですし。
そういう人をゲロ吐く人と思って・・、要は
自分の身をどれだけ、ゲロがかからないように
守るかって・・・事を学んだら楽になるかな?
って思います。 で、最悪ゲロがかかったと
しても、それはただのゲロ。たまたま運悪く
はいた所にいただけ・・・って事で。

すごく長くなってしまいましたが・・・・
それだけ、気持ちがよーくわかるので。
うちの旦那も
”そんなの気にする事ないよ。ya esta!”
とか言うんですけど、スペイン人じゃないから
そんなに切り替え早くできないし〜!!

って、誰か同じ立場の人と話したくなるので・・。
って、長すぎて失礼しました。
お仕事がんばってください!!
まりまんどな
2011/01/17 09:10
まりまんどなさん

ありがとうございます。
私は、まだまだ修行が足りないので、言わなくても良いような事を言い返したりして、今回はおばさんのほうも喧嘩する気満々だったのでこんな事になってしまったような気がします。 コレが日本だったらきっと上司はまりまんどなさんの臨時で来て嫌な思いをさせられた上司と同じ反応をして、ヘタしたら首になってたかも(笑) 
スペインでも事なかれ主義の人結構いるんですね。
でも、どうしてもあの、侵略するつもりだろうという言葉は許せなかったんですよね。私が中国人と思われていたのかそういうのはどうでも良くって(あの人なら違いもわからないだろうけれど)同じアジア人という立場としても、どうしても一言申し上げたい言葉だったんですよ。


今日は一晩開けて随分スッキリしましたが、正直、どうやったらどこでもかしこでもけんか売って歩くようになるのか、正直不思議でなりません。純粋に、あのオバサンの頭の中身に興味があります(ていうか、空っぽだと思うけれど) 今度会った時は田舎者発言を一言さらっと謝って、きっとまたいわれの無いケンカを売られたら、着々と記録して上司とドクターにさらりと報告しようと思います。 その人だけ病院に出入り禁止も出来るみたいなので。

うちの彼もまりまんどなさんの旦那さんみたいに「そういう人たちは相手にしちゃダメだよ」とか「余計な事は言い返さないで流せ」「ほうっておけばよかったのに」と言われますが、いつも後で、あの時はこう言ってやればよかったとか、もうちょっとうまくやる方法があったのじゃないか」と2,3日悶々としてますね。  
今回は、でっかい犬の○を踏んでしまったと思って諦めます。 次からは極力被害が少ないように気をつけようと思います。
ありがとうございました。
maerilla
2011/01/17 17:16
嫌な思いをしちゃったわね。
じ〜っと見られてたら誰だって何かあるのかなって思うし、それでそんな応え方されたり、見られ続けたら私だって嫌だもん、馬鹿にされてるみたいで。
たださ、そう言う人には何を言っても無駄だと思うよ。理解しようっていう能力に欠けてるんじゃないかなぁ。だからそういう態度を取り続けてるんだろうし。あと、お兄さんは何も言わなかったみたいだけど、こっちは「いつでも家族の見方。家族がすべて正しい。」だからね。
悶々として考えても、何を言ってたとしても、彼女には通じなかったんじゃないかな。わかってない人を相手にしても疲れるだけだから、最低限のお付き合いをした方がいいよ。きっと。
人とのお付き合いが多い仕事で嫌なことも多いと思うけど、頑張って!
オリーブ
2011/01/18 07:23
暖簾に腕押し、糠に釘だね。
そう言う人にmaerillaさんのinteligencia使うの勿体無い。
でもその悔しさ、すっごい良くわかります。
大体スペインが一番!って言う人に限ってスペインしか知らない人なんだよね。可哀相に。

職場の人が気持ちをわかってくれて良かったね。
嫌な事があった後にはきっと楽しい事があるから、ガンバロウ!!
シナモン
2011/01/18 17:20
オリーブさん

ありがとうございます。
こういうの(じろじろ見られるの)今まで慣れていたし、帰ってくる反応も今までの人たちと同じかと思っていたんですけれど、予想外でした。
まさか、怒鳴られるとは、、、(苦笑)
刺されなかっただけましとしようと思います。
こういう時、一般スペイン人の頭の切り替えの速さ(忘れっぽさ)を羨ましく思います。
あのおばさんも忘れてくれると良いと思うけれど、きっと親戚中に話していると思います。(一度担当者の手違いでリハビリにいけないことがあって、次の日他の家族もネチネチ言ってましたから、、、。リハビリやりたがらないから患者さんにはラッキーだと思うんですけど(笑))
それで、またつらく当たられたらそれはそれで強制退院のネタになるのでラッキーかな。

早く退院して欲しい〜!!
maerilla
2011/01/18 17:48
シナモンさん

ありがとうございます。
私はすぐ挑発に乗ってしまうトンタですが、あのおばさんは本当にとりつくしまが無かったです、、、。
ここまでアジア人や日本をバカにされた事が無かったので、それがまた悔しかったんですよね。
でも、あれ以上スペインを貶める発言をしなかったのは自分でも良くやったと思っています。
言おうと思ったけれど、介助しているおじさんも、同僚も、友達も皆素敵なスペイン人でだから、あのおばさん一人だったらそこまで言い返していたけれど、どうしてもそれだけはいえなかったんですよね。

今日はまた準夜勤ですが、今までどおり普通に接したいと思います。 ただ、謝る時はさりげなく同僚に同じ部屋か近くに居てもらおうとは思っていますが、、、。

せいぜいあのおばさんの行き着く先は「みられるのがイヤなら自分の国に帰りな。」でしょうけれどね。
maerilla
2011/01/18 17:58
その後、、、タコ情報元のお隣さんにあったので、聞いてみました
どうもタコを食べるのはここでも一部の地域だけらしいです
で、どうやって食べるの?と聞いたら、うーん、コシードでも、Gallegaでもいいんじゃない?って(笑)
それでいいのかなぁ?

ところでタコ関連ですが、ここではガリシア風ならぬ、カルタヘナ風タコって言うのがあるんです
なにが違うか、と言うと、pimentonではなく胡椒をかけるんです
一度だけしか食べたことがないんですが、これはこれで私はけっこう好きでした
もしご自宅でガリシア風を出されることがあったら、少しだけ胡椒も試してみてくださいませ!
hanamaki
2011/01/21 07:07
hanamakiさん

何で、タコなんですかね。一応生き物だけれど、サンアントンは動物の聖人ですよね。 だからグラナダではあまり食べない皮や耳なんかの分を身をささげて私たちの食料になってくれている豚ちゃんのために無駄にしないようにこういう食べ物が出来たのかなと思っていました。

でも、個人的にはタコの方が食べたいです(笑)
このOllaはカロリーが、、、(汗)

カルタヘナ風タコ、今度試して見ます。 絶対おいしいですよね。 ピリッとしたのが好きなので、絶対好きになると思います。 ビールのおつまみとかに凄く良さそう(←またそれか、、、(汗))
情報ありがとうございます!
maerilla
2011/01/21 09:31
Olla de San Antonと仕事の愚痴 Venta del Molinillo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる