Venta del Molinillo

アクセスカウンタ

zoom RSS Bacalao al Tabernero(タベルナス風バカラオ?)

<<   作成日時 : 2010/04/09 05:59   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 セマナサンタ(聖週間)の間、干し鱈だけでなく
生の鱈も安く売っていたので、丸ごと一匹買ってみました。


画像

画面に入りきらない、、、(汗)

こんな大きなお魚を丸々一匹買って来るのは
鮭くらいしかなかったから、ぬるぬるする鱈を早速
さばいて、冷凍用だの、今晩のおかず用だのに
分け調理開始。

生の鱈が手に入ったら、やってみたかったお料理一品。

「Bacalao al Tabernero」です

アルメリアの マルサラというBarで必ず頼むタパスなんです。
きっとこのTaberneroっていうのは近くの村タベルナスから
きているんだと思うんですが、ちょとピリ辛のピスト(夏野菜の
煮込み)が揚げた鱈にかかっていて、コレで白いビールや
ワイン2杯は軽くいけちゃいます。

何度も通った結果、鱈は干したものではなく、冷凍の生鱈
か新鮮な生の鱈を使っている様子。
だって鱈の揚げたのが、外はカリカリ、なかはぷりぷりだけど
ふわっとしていて柔らかなんです。

と、いうことで作ってみました。

画像


鱈を揚げるのにはSevillanas印の青い袋の粉を使ってみました。
切り身にした鱈にちょっと強めに塩をして揚げました。

タベルナス風ピストは

玉ねぎ、イタリアンピーマン、トマトを大雑把なみじん切りにして
炒めて塩、胡椒したあと、タカのつめを細かくしたもの、
白ワイン少々、自家製のトマトソースを加え軽く煮込みます。
仕上げにほんのちょっとバルサミコ酢を加えて出来上がり。

辛さはお好みで。 ちょっぴりピリッと来る程度がおいしいと思います。

出来上がりは大満足のお味。

ちょっと鱈に火を通しすぎた感があるので、次回は冷凍した小さい
切り身をさらっと揚げてみようと思います。

夕飯のレパートリーが一つ増えました♪

お義父さんもこれが大好きで、いつも一緒に行くと必ず頼むので
今度実家で作ってあげようと思います。



ところで、余談ですがこの間採って来た「コジェハ」
色々アレンジして食べています。

画像


この間は、以前から考えていた「胡麻和え」にして食べました。
思ったとおりおいしく食べられました。

胡桃和えもおいしかったです。 

今日はナムルにして食べました。

そんな感じで、採って来た一袋分があっという間に
無くなりそうなので、また今週末取りに行ってこようと
思っています。

知り合いのお年寄りが、「これ、山で見つけてきたんだ。
コジェハ、好きなんだよー」
とビニール袋に4分の一も満たないちょっぴりのコジェハを
嬉しそうに見せてくれたので、そのおじいさんにも
たくさん取ってこようと思っています。

お店にも一パック1,5ユーロほどで売っているんですよね。

普通にその辺で取れる野草だと思っていたのに
結構人気なんですねー。びっくり。

画像


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに売ってますよねー、生のたら
お鍋にしたいなぁ、と横目で見ながら「これ、自分でさばくんだよなー、できないよなー、面倒だなー」と素通りしていました
尊敬
たらって、フライかお鍋くらいしか思いつかなかったんですが、とってもおいしそうですねぇ、これ!
hana☆maki
2010/04/10 08:04
hana☆makiさん

これ、おいしいですよ。
ピストにピリッと辛みを効かせるのがお勧めです。
ただの、フライだと飽きるけれど、タベルネロ風ピストがついているおかげで2度楽しめます。

鱈は、さばくの結構大変でした。
あんなにぬるぬるしているとは知らず、、、。
今度は塩もみしてぬるぬるをとってさばいてみたいと思います。
それか、買うときお店でさばいてもらうのが良いかもしれないですね。
maerilla
2010/04/11 05:58
こんな大きなお魚を丸ごと買えてしまうのがスペインですね〜!日本じゃ既に切り身になってますし・・・
でもこうしてmaerillaさんのようにお魚をさばいて調理していくことで更に旨み成分が失われずに食を堪能できるんでしょうね☆
お料理上手なお嫁さんで羨ましい・・・
ゆり猫
2010/04/13 17:31
ゆり猫さん

それが、実家の北海道だと鮭なんかは丸ごと売っていたりします。冷蔵庫が大きければ丸ごと安く買ったほうが経済的だなと思います。
ちなみに、スペインの魚屋さんで切ってもらうと、捨てなくても良いようなところを捨てられてしまうので、いつも、じーっと見張っています。
たまに知識のある魚屋さんだと、おいしい部分はちゃんととっておいてくれるんですけどね。
maerilla
2010/04/14 06:21
生の大きな鱈って本当にヌルヌルしていますよね〜。トラーパニでは生の鱈といえば、小ぶりなものばかりなので、比較的楽に扱えます。

ところで、一番下の写真、遠くの山の上に見えている白いものは、、、雪ですか!?この季節にアンダルシアで雪、、、想像もしていませんでした、、、。
REI
2010/04/15 02:45
REIさん

いつも干し鱈か日本では切り身になった鱈しか買ったことが無かったので、知りませんでした。あんなにぬるぬるしているとは、、、。小ぶりだと切りやすそうで良いですね。

ところで、アンダルシアというと暑いイメージありますが、グラナダは冬結構冷えるんですよ。
後ろの山はネバダ山脈で3000メートル以上の山脈で普通は夏くらいまで雪が見えます。
去年はつもったので10月くらいまで見えてました。
最近、土の下に隠れて氷河も見つかったそうですよ。
maerilla
2010/04/16 00:43
Bacalao al Tabernero(タベルナス風バカラオ?) Venta del Molinillo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる