Venta del Molinillo

アクセスカウンタ

zoom RSS プチ単身赴任

<<   作成日時 : 2009/03/21 03:30   >>

トラックバック 0 / コメント 2

  一昨日、待望(?)の辞令が発令されたので、彼は月曜日から
アルメリアで働き始める事になりました。

私はというと、昨日、人事担当の人に「夫への辞令が出てアルメリアで
暮らすことになったので15日後辞めます。」という事を伝えました。

あ〜ぁ、いよいよかぁ。施設のお年寄りとも、仲の良い同僚たちとも
お別れかぁ、、、。とちょっぴり寂しい気分を抑えつつ仕事を
していたのですが、仕事の合間のおやつの時間、ここに居るのも
あと2週間。と、同僚にもらすと。

「ちょっとまてよ。」 という話になりました。

ここで、今の契約の期限や、残りの期間など根掘り葉掘り聞かれ
同僚達が「いかにしてMaerillaが失業保険をもらえるように
するか。」という作戦を練りはじめました。

契約は5月23日まで。 その前に自発的に辞めた場合
失業保険はおりません。

2ヶ月も契約が残っており、失業保険も、移民である私はそんなに
貰う気満々ではなかったので、突然の同僚達の討論を半ば
ポカーンと口をあけて見ていたのですが、結局人事の人に
聞いて見なければ正確な情報もわからないということで
5人いた同僚達の間から一人抜擢され、人事の人に直接
掛け合ってくれました。

結果

5月23日の契約までに19日間のバケーションが発生。
23日から逆算して19日間、5月5日まで我慢して働き
5月6日からバケーションをとって契約終了にこぎつければ
その後4か月分の失業保険がもらえる。

と、いう事がわかりました。

5月5日までたったの1ヶ月ちょっと、、、。

その場で人事の人と、ついてきてくれた同僚に
「たったの一ヶ月、旦那とはなれて暮らすだけで、4か月分の
失業保険がもらえるんだよ。もったいないんじゃないの?」と
強くプッシュされ、その場で彼にも電話で相談し、快諾を得たので
人事の人がその場で5月6日からバケーションの申請書を
作成し、5月初旬までセビージャに残って仕事を続ける事になりました。

それにしても、持つべきものは良い同僚達。 
日本でも失業保険を貰った事無かったし(職に困らない仕事だったので)
スペイン人の配偶者とはいえ移民が失業保険を貰うなんて
良い顔されないんじゃないかなと思っていたのですが
皆、まるで自分の事のように心配してくれ
しかも、人事の人にまで相談しに行ってくれるなんて
失業保険をもらえる嬉しさよりも、こういった人たちの優しさや
素敵さが心にしみた一日でした。

心配してくれた同僚達は、口々に
「どうだった?」と聞いてくれ、結果を話すと
「よかったねぇ! ちゃんと権利があるんだから権利放棄するなんて
もったいないよ! あんたも嬉しい? 良かった良かった。」
と喜んでくれました。

次の日には、人事の人に聞いた施設のディレクターが直接
「辞めちゃうんだって? 残念だよ。どこに行くの? アルメリア?」
と聞いてくれ、もしかしたらこの後グラナダにいける可能性が
あると言うと、アルメリアには関連施設は無いけど
グラナダは本部のある本拠地だから、向こうのディレクターに
直接連絡して私が仕事が出来るよう取り計らってあげるから。
と言ってくれて、感謝感激、ありがたい限りです。

残りの1ヶ月余り、ここのお年寄りと、同僚他スタッフ達に
受けた恩を還元出来るように頑張って働きたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ロドリゲス、楽しみね〜(笑)

グラナダの本部で働けるようにしてもらえたら本当に嬉しいですね!!
これもmaerillaさんが今まで真面目に頑張ってきた証なんですよ。ほんと、良かったね。
シナモン
2009/03/22 19:50
シナモンさん

ありがとうございます! 本当に良かったです。
残りのセビージャ生活一杯満喫します。
maerilla
2009/03/24 07:38
プチ単身赴任 Venta del Molinillo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる