Venta del Molinillo

アクセスカウンタ

zoom RSS スペインにキャビアの名産地? Riofrio(リオ フリオ)

<<   作成日時 : 2008/07/23 20:15   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 たった一泊2日の滞在。

「帰りたくナーイ。」と言いつつも

彼の実家で取れた野菜やら農場で義父が採ってきた
果物やらを車のトランク一杯にしてホクホクしながら実家を
後にしました。

画像

こんなのがビニール袋一杯に、、、。

まだ青いけど、もう十分甘い一口サイズの梨やバケツ一杯のイチジク
もらい物だけどって言ってくれたグラナダの標高のあるところで採れた
季節が終わりかけの美味しいサクランボなどなど、まるで
顔見せに来たんじゃなくって、物貰いに来たみたいっておもっちゃうほど
色々なものをもらってきました。

画像


ところで、いつもは昼食後ちょっとしてセビージャに帰るのですが
今回はたった1泊2日だったので、夕飯直前まで実家にいました。

彼らは、近所に住む親戚一同集まって夜のBBQをするみたい。
ウラヤマシ〜と思いつつ実家を後に。

画像

「アディオス」

私たちも帰路に夕飯を食べなくちゃいけないので、前からよりたいよりたい
と思っていた「Riofrio」という鱒の養殖で有名な村によって
夕飯をすることにしました。


このRiofrioという村、グラナダとマラガの間にあるLojaという町の
そばにあって(グラナダ県です)鱒だけではなくCaviar(キャビア)が
とれるEsturion(エストゥリオン=チョウザメ)料理でも有名なんです。

もちろんキャビアもあって、なんでも、ここのキャビアは賞を取るくらい
キャビアの中でも品質の高いものが採れるんだとか。

エストゥリオンはもともとコルドバ、セビージャを流れるGuadalquivir
川に古くから生息していて、さかのぼるとフェニキア時代から食べられて
いるんだとか。今はもうめったに取れないですが
今でもこのRiofrioで保護をしながら養殖を続けているようです。

Caviar de Rio Frio


ところで、目に付いたレストランに入ってメニューを見てみたら
キャビア「時価」となっていました。 別に特別な日でもないし
ネットで値段を見ると30グラム70ユーロ以上もするようなもの
とてもじゃないけど頼めないので、いつか彼がご馳走してくれる日を
夢見て(笑)今回はRiofrio名物の鱒料理を頼む事にしました。
チョウザメ料理もあったけど、夕食だしそんなに食べられないので
これもまた次回に。

ちなみに彼は、ロシア駐在時代キャビアは
何度かご馳走になったそうな。私は、ちょっとお飾り程度に乗っているキャビアくらいしか
食べたことが無いのでこれがキャビアの味!というものがわからないのですが
イクラと比べ物にならないほど美味しいって言ってたけど、どんな味なんでしょう。
皆さんは食べたことありますか?


画像



画像


ピンボケですみません(汗)
私は鱒のRiofrio風


画像



彼は鱒のサーモン風(?)とかいうものを頼んでみました。

お味はどちらもなかなか変わっていてとても美味しかったです。
自分が今までにやったことの無い調理方法でとても参考になりました。

特に彼が食べた方は皮までパリパリに焼いた上に特製ソースが
かかっていて、魚の皮が嫌いな彼もペロッと平らげてしまう
ほど。お値段もお手ごろ。

パンも、焼きたての田舎パンが出てきて外はパリパリ中はふわっと
していて、普段米食いの私が一つペロッと平らげるくらい
美味しかったです。

いつもグラナダ、セビージャの行きかえりに通って見かけていたところ
だけど、こんなにお得な所ならまた何度も寄りたいと彼も言っていました。

グラナダのバスターミナルからもバスが一日5本程度出ている
ようです。(グラナダからバスで約1時間かかります)

ALSA

グラナダにお越しの際は皆さんも一度ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

今回食べたレストラン

Paco Rama(Hospederia Rural)
Pza. San Isidro, s/n
18313-Riofrio,Loja(Granada)

Tel 958 323 833



にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
へえ!!知らなかったです!
グラナダにいる間に一度は行くべきでした。

マスもいいのですが、猫ちゃん最高に可愛いですね〜(><)うちの猫もこれくらいサービスしてくれないかな。。
しまーにゃ
2008/07/24 01:22
採れたてフルーツ美味しそう!
このレストランもぜひ行ってみたいです。
知る人ぞ知る、穴場ですね。
次回アンダルシアを訪れたら
行きたいとこいっぱいあって、
ワクワクします。
いつ行けるかな〜?
ところで、merillaさんのブログ、
リンク張らせてもらってもよろしいでしょうか?
blanca
2008/07/25 14:01
スペインでキャビアが獲れるとは、私も知りませんでした! フェニキア..恐るべしスペイン!
いろんな民族が上陸してスペイン人として同化しながら美味しい伝統は守り継いだ結果なのでしょうね。ロシアで味わえた彼は非常に幸運です、今ではカスピ海でさえ禁漁だそうですょ。イクラをはるかに超える味...私ならキャビアだけをお酒でゆっくりと味わいたいです。早く味わうチャンスが来ると良いですね。
↑背中から見ると虎模様、お腹からだと豹柄なんですね、かわぃ〜。

higo
2008/07/25 22:37
しまーにゃさん

戻ってこられた時にぜひ行ってみてくださいね。鱒、美味しいです。
猫は凄い格好で寝ていたので写してみました。それにしても凄い格好ですよね、、、(汗)

blancaさん

農場で取れた自然のフルーツは味も濃くって美味しいです。取れすぎるのが玉に瑕ですが、、、。 Riofrioぜひ次回こられた時に行ってみてくださいね。

リンク大歓迎です!コチラからも貼らせていただきますね。よろしくお願いします。

higoさん

なかなか驚きですよね。ローマ帝国時代は羊30頭分とチョウザメが取引されていたそうなので、珍重されていたんでしょうね。それだけ美味しかったと言う事でしょうか。

キャビアいつか味わって食べてみたいです。いつの事やら、、、。

猫、凄い格好でしょう? (笑)おなかは豹柄だったんですね〜、言われてみて気づきました。
maerilla
2008/07/28 06:05
スペインにキャビアの名産地? Riofrio(リオ フリオ) Venta del Molinillo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる