Venta del Molinillo

アクセスカウンタ

zoom RSS ニッポンのおかあちゃんポルトガルに行く の巻き2

<<   作成日時 : 2008/02/26 03:59   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 さて、ドライブ続行です

塩田を見せるのに「面白い所見せてあげる。」なんて
散々期待させておいて空振りに終わった私たち。

今度は近くにある「Santa Lucia」サンタ ルシア村
です。 タコが沢山とれるところみたいで、夏にタコを食べに行った
ことを思い出します。

母「次はドコ?」

なんてさっきのがっかりも気にしない勢いで母が聞いてきたので

「サンタ ルシアっていう小さな村だよ。」と言うと

母「サンタ ルシア、、、。なんだか聞いた事のある名前だね、、、。
  あ! さんたぁ るぅちぃあ〜 さんた〜
 るち〜あ〜!!! っていう歌があるよ!」

母の友人「そうだそうだ!」

2人で 「さんたぁ るぅちぃあ〜 さんた〜るち〜あ〜。」



私「、、、、、、それはイタリアの歌じゃない?(汗)」

母「あっ、そうだわね(笑)」



もう一時が万事こんな感じなので
2人と一緒にいて飽きませんでした。


そんなこんなに村へ到着。

一度ここへはトロッコ電車に乗っていく浜へ海水浴に
来た事があったのですが、このトロッコ電車、冬季の現在も
稼動していました。

この辺一体が自然公園(?)に指定されているみたいです。

母たちに乗って浜まで行ってみたいか聞いたら

「行きたい!」とのこと。

早速往復2ユーロ分のチケットを買って乗り込みます。

画像


歩いてもいけるけど、普段立ち仕事はしているものの
車を使うこともあり長距離を歩かない母にはちょっときつい
かな、、、。

画像



なんとも味のある古い電車(汽車?)で、のんびりのんびり
がったんごっとん。 行きかう人にニッポンスマイルで
手を振る2人。

湿地帯の中をのんびり進んでいきます。

画像



画像


浜に到着ー。

お天気が崩れる前の日だったせいか、波は荒く
なんとも寒々しい感じでしたが、冬季は海水浴客がほとんど来ないせいか
ゴミ一つなく、沢山のきれいな貝殻が落ちていました。

貝殻を記念に1つ2つ拾い、開いていた海の家でお茶を
のんで、日の暮れる前に、もう一つ取って置きのところに
行く事にしました。

トロッコ電車で戻り、車に乗り込んだら目指すは
「Casela Velha」という村(集落みたいな感じ)へ!


実はこの村、前に静かな海水浴場を探していて偶然迷い込んだ村
なんです。

ポルトガル南部の「白い村」といっても良いくらい、とっても
かわいらしい素敵な村です。

画像



画像


かわいい家!

画像




村から見下ろした下の浜への景色。 この景色を見て母が

画像


「こんな景色を見るとは思わなかった。良いもの見せて
もらったわ〜。」と行ってくれました。

彼にスペイン語で伝えながら2人で「連れてきて良かったね〜。」
と嬉しくなってしまったのでした。

とっておきの場所を褒められると嬉しいものですね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

人気ブログランキングへ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本にいた時も内陸だし、スペインにでも内陸に住んでいるので旅行といえばなんとなく海がみたくなります。海みるとなんかあ〜いつもと違うものみたな〜って気分になります。
素敵な街ですね。セビ−ジャだったらポルトガルの小さい街も行きやすいですよね。
nena
2008/02/26 16:01
nenaさん

私も小さい頃から海辺の町に住むのが夢でした。 浜から車で30分くらいのところに住んでいたけどあまり海に連れて行ってもらった覚えがないんですよね。

ここ、村というよりアルデアって言ったほうが良さそうなくらい小さな集落です。恐らく100人も住んでいないんじゃないかなと思います。一度泊ってみたいけど、きっとオスタルも何も無いと思います。それくらい小さな集落だから。いつか機会があったら行ってみてくださいね。
maerilla
2008/02/28 06:47
ニッポンのおかあちゃんポルトガルに行く の巻き2 Venta del Molinillo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる