Venta del Molinillo

アクセスカウンタ

zoom RSS エトナ山からタオルミーナへ

<<   作成日時 : 2007/11/12 07:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

カターニャって、シチリア島に来る前は全く知らない都市
だったけど、来てみると結構大きな町でした。

活火山のエトナがすぐそばにあることで有名で、エトナ通り
っていう長く一直線な通りがあるんだけど、その通りから
晴れた日はエトナ山が見えるんだそう。

そのエトナにお目にかかりたかった火山フェチなうちの彼。

エトナ山はシチリアの人たちみたいにシャイなのか、滞在中
ひどい天気でお隠れに、、、。

結局遠めには一度もお目にかかれず。

遠くから見えないのなら、せめて登ってやれと、車で登れるところまで
行く事にしました。そのために普段必要ない
冬用の防寒着をぎゅうぎゅうとリュックに詰めていった事ですし。(笑)


途中から、霧だか雲だかわからない視界が超不良な山道をうねうねと
よく事故も起こさず戻って来れたもんだ、と思うくらい危険な
ところを車で登っていきました。怖かった、、、(汗)

ところどころに、建てている途中で火山活動で断念したんだか
それとも○マ(ゴットファーザーの筋のかたがたです)の方々が
レストラン経営の為に建て始めて放置したんだかわからない
さびれた無人の建築途中の建物(骨組みだけで放置)にいくつか遭遇。
怖いったらありゃしない、、、。

いつ着くの?いつ着くの?と言いつつやっとついた車で登れる
ギリギリのところ。
そこは、、、、、、

画像



一面霧の世界、、、、、、(汗)

寒いのよ〜、何も見えないのよ〜じゃどうしようもありません。
画像


もうこれは下山しかないでしょうと、ブーブー言う彼をなだめつつ
下山の途に。

なんだかちょっとかわいそう、、、と思っていたら、偶然
車の中からこの看板が目に付きました。

画像



「ちょっと! 新しい噴火口があるみたいよ!見てったら?」

火山の国日本に生まれた私はあんまり火山に関心は無いけれど
(むしろ恐れを感じます)あんなに火山火山って大騒ぎしていたん
だから、ちょっとはお付き合いしてあげようと(と、いうか霧で
視界1メートルくらいだったので、噴火口の外に出たまま迷子にでも
なられるのが怖かった(笑))寒いのに、何も見えないのに
我慢我慢で、噴火口の周りを一緒に一周してきました。
(良い奥さんだ〜(自画自賛(笑))

2002年の噴火口だったらしく、その後大満足の彼を促し
反対側の降り口から「タオルミーナ」に向かって出発。

タオルミーナといえば私の中では映画「グランブルー」を
思い浮かべます。好きなんですよね、あの映画、、、。

でも、映画を思い浮かべていったタオルミーナの町は
天気のせいもあるんでしょうが、ちょとがっかりポイント
だったのでした。

まず、何がって、何もかも高い! 町に入るのに
短い有料の高速道路。 そこまでは許せるとしても
駐車場。 町の入り口に「街中には駐車場はありません。」
と書かれて、大型の駐車場があったので「そうなんだ、、、。」
と止めたらあなた! 街中にもちゃんと有料駐車場があって
私たちの止めた駐車場から町の中心部はえらい遠く
長い階段をえっちらおっちら登って、うろうろ歩いて時間は
かかるし、しかも、2時間で6ユーロも駐車料金発生。

街はもちろんこぎれいで素敵でしたよ。
画像



でも、そこまでして見に来るところじゃなかったみたい(笑)
チェファルーのほうが素朴で素敵だったかも。

2人ともちょっぴり不完全燃焼に終わった一日。

一日の終わりはもちろん前日行ったトラットリアの
美味しいお料理でリベンジしたのでした。
(しかも私は全く同じもの頼んだ(笑)ウニのスパゲティーとカポナータ

にほんブログ村 海外生活ブログへ








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

エトナ山からタオルミーナへ Venta del Molinillo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる