Venta del Molinillo

アクセスカウンタ

zoom RSS 決死の強行軍3(新婚旅行なのに、、、)

<<   作成日時 : 2007/11/13 05:32   >>

トラックバック 0 / コメント 3

 前回の続き。この2人カーナビに
したがってSalemiからMarsalaに入らずにホテルに直接行ける
近道を選択してしまったんですね〜


なるほど、、、、、、。

なんて、機械を信用するんじゃなかった!

ここからが悪夢の始まり。

うねうねとSalemi郊外の道を行くと、いつのまにか回りは
畑かはたまたブドウ畑かなにか、、、。
暗くて最初はどこだかわからなかった(笑)

どんどん人里はなれたところに連れて行かれ、、、。


とうとう農道らしきところに出てしまいました。


コレって本当に道なのかい?

と、思われるような(多分普段はアスファルト道なんだろうけど)

朝降った大量の雨で流されてきた土砂で埋まったつるつるの

ぬかるみのとんでもない道へ。

もちろん両サイドは畑なので引き返すことも出来ず

そのまま行くしかない。

そんな道がカーナビによると「次の指示まで20キロ」

オイオイ!都合が悪くなるとだんまりですか?(笑)

彼は道からそれないよう真剣だから、怖いもなにも話しかけられ
ないくらい緊張。

周りに見えるのはブドウ畑と星空、家一軒の明かりもありません。
時々見えるのは放置された無人の農場。

怖いよ〜(涙)


「ここで大雨降って小川のうえの橋なんて渡ったら、雨水を
吸った土砂ごと一緒に流されて、人生終わりかも、、、。」とか

「このまま行って道が土砂で完全に埋まってて前に
進めなくなったら、、、。」 とか

「明日の新聞に「新婚旅行のカップル土砂に流され
ブドウ畑で遺体で発見」とか見出しが出たりして、、、。」
とか

悪い考えばかり頭をよぎります。

怖いよー、怖いよー、、、おじいちゃんおばあちゃん達
どうかお守りください、、、。と、藁にもすがりたい気持ち


車がぬかるみを通るたびビクビクし
「4輪駆動車を借りてくるんだったよ、、、、、。」と考え

つるつる滑って道からそれそうになるたび

「今手持ちの食料は無いから、ちょっとの干しブドウくらいならまだ
残っているかしら。 夜は寒いかしら。冬用の防寒着をだして
後ろの座席でくっついて眠れば大丈夫かしら。」とか
ブドウ畑で立ち往生して夜明かしをする覚悟までしたりして
散々な目に。

こんなの新婚旅行ではふつう味わわないスリルですよ!
(味わいたくて味わったわけじゃないけど)

この道を出るまで「あと9キロ、、、あと8,5キロ、、、」と
一刻でも早く、ぬかるみに入るたび祈り続け


とうとう、、、、、、




祝! 農道脱出!

と彼と一緒に大喜びの大喝采をしていたら、今回の発端のカーナビ




「次の道を右にお曲がりください。」




と、きたもので、思わず。


「都合の悪いときだけ黙っててさ!何よいまさら!!!(怒)」と
機械相手に本気で怒ってしまいました(笑)


結局私たちが通ってきた道は本当に本当のブドウ栽培のための
農家の人くらいしか使わない「農道」だったようで、よくもまあまあ
こんなところを通ってきたもんだと感心してしまいました。
そして、もっと運の悪かった事に朝の大雨がさらに
道をひどくしていた



ひいひい言いながら着いたホテルはまさに砂漠の中の
オアシスのようにライトアップされていました。


本当に生きてて良かったです。
と聞いたホテルのフロントの人が?と首を傾げてしまうような
セリフをはき、お部屋に案内してもらいました。

今回泊まったホテルはこちら

Baglio Donna Franca

Contrada Florio,1-91025 Marsala (TP)
Tel 0923 967240
Fax 0923720207
Mail  info@donnafranca.it

ここも、Booking.comで探したんですが、評価の点はもちろん
建物と、ボデガ兼ホテルって言うのが気に入って決めたんです。
今回の旅行の中でコレでも一番安くて一泊80ユーロでしかも
唯一の4星ホテルでした(他は全部3星だった)

最初から最後まで満足の行く滞在でした。

長い運転で疲れた彼。もちろん外にご飯に行く気力は無くって
ちょっと贅沢してホテルのレストランで夕食。

昼間は「Plan アランチーニ」だったし、死にそうな目にあったし
怖いところも我慢して頑張ってきたご褒美にちょっとくらい
いいもの食べたって良いですよね。

生きていた喜びに浮かれていたのか
写真がブレブレでこれも載せられず、、、。ごめんなさい。


お料理はどれも美味しくて1皿目のパスタ(私、またまたウニの
スパゲティー。彼 胡桃のジェノベーゼ風パスタ)もすごいボリュームで
すっかりお腹一杯でしたが、2皿目のマグロのグリルにマルサラワインと
松の実とレーズンのソースがもう絶品!!

ソースまでパンでしっかりぬぐって食べちゃいました(笑)

そこのボデガで作られたフルーティーなハウスワインもいただいて
(ハウスワインとはいえ普通のハウスワインとは格が違います)
大満足。

そこの、給仕の人はすごく気さくな人たちで、日曜日で他に
泊り客も少なくて暇だったのか、食事中まるで漫才でも
やっているようにソムリエの人とボケと突っ込みで面白い
事ばっかりいって笑わせてくれました。

その後、ワインバーのほうに連れて行ってくれて、ネットで
給仕の人の(パコ デ ルシアの大ファンらしくフラメンコギターも
習っていたみたい)演奏を見せてくれたりして楽しく
過ごしました。

この後オチがあってこの給仕の人、あまりにもはしゃぎすぎたのか
私たちが食べた夕食をお勘定につけるの忘れて、危うくただ食い
しちゃう所でした(笑)
もちろん正直にちゃんと言って払いましたよ〜
また気持ちよく利用させてもらいたいですからね。


次の朝見た景色

あまりに素敵でびっくりしました。 と、同時に
こんな素敵なトラーパニに住んでいるREIさんがとても羨ましく思えたのでした。


画像
 
 


画像




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しい旅行でよかったですね。
イタリアのスパゲッティまた食べたいな、スペインの味と全然違いますよね。
nena
2007/11/13 07:13
こんにちわっ!おぉ〜、ここだったんですねっ!ウワサには聞いていましたが、まだ行った事がありませんでした。今度、是非見に行ってみようと思います♪
それにしても、カターニャからトラーパニ(マルサラ?)まで、お疲れ様でした・・・。そう、この地帯は、農道に入ってしまうとなかなか出れないんですよ。なんせ、ブドウ畑とオリーブ畑ばっかりですから(笑)
私は、来年、アンダルシアを目指しますっ!
REI@Trapani
2007/11/13 19:25
nenaさん

いろいろあったけど、旅行楽しかったです。
本当、イタリアのスパゲティはいつも良い茹で具合で出てきますよね。パスタの本を買って来たのですが、色々な味があるみたいでどれから作ってみようか悩んでいます。

REI@Trapaniさん

こんにちは!
そうなんです。このホテルです。凄くお勧めなのでぜひ! 私たちはほとんど外にいて、ワインは飲んだんですが、ボデガには入る機会がなかったので、ぜひレポートしてくださる事を願っています。
道は、今回の事でカーナビの使い方を学びました。 でも、本当に運転中雨が降らなくて良かったです。遠くに雷雲がちかちか瞬いていたのでひやひやしていたのです。

アンダルシアにいらしたらぜったいグラナダにいらしてくださいね!素敵なところなので。
maerilla
2007/11/14 06:39
決死の強行軍3(新婚旅行なのに、、、) Venta del Molinillo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる