Venta del Molinillo

アクセスカウンタ

zoom RSS 鰯の塩漬け

<<   作成日時 : 2007/10/22 03:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 古くはローマ時代から使われていた食物の保存法に「Salazon」という
ものがあります。 要は「塩漬け」なんですが、カディスやアルへシラス
なんかにも、その「塩漬け」を作っていた加工場の跡が残っています。

お店に行くと時々タルにぎっしりと詰められた塩漬けの鰯やなんかが
売っています。
彼の実家ではなぜかこれらを「アレンケ」と呼んでいます。アレンケって
鰊の意味なんですが、昔は鰊が主流だったんでしょうか、使っているのは
鰯で彼に聞いても「何で鰯なのにアレンケって呼ぶのかわからない。」
とのことで今でも謎ですが、色々な用途に使っています。

今回は単位売りじゃなくって2つ入り×2のパックを買ってきました。

画像



鱗が付いたまま塩漬けされているのですが、背びれの部分からお腹に
向かって皮を剥くと結構簡単に剥けるので皮を剥き、身をほぐして
使います。

彼の家ではアペリティボ用に、切ったパンのうえにこの塩漬け鰯を
のせ、オリーブオイルをちょっとたらして爪楊枝をさして出されます。

画像



他にも、アンチョビの代わりにサラダに入れたり

画像



カリカリガーリックスライスを添えるととってもあいます。

 パスタに使ってもよさそうですし、塩辛っぽい味もするので大根おろしに
添えてご飯と食べても美味しいかも、、、。今度やってみよう、、、、、、。


大昔のローマ時代の人たちはどんな風に食べていたんでしょうね。

にほんブログ村 料理ブログへ

<ASIN:B000W4BQ8E>Oisix さばねぎ塩漬け</ASIN>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

鰯の塩漬け Venta del Molinillo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる